美容の最前線で活躍するスタイリストから見た、サロントリートメントとは? アドバイザーとしてX TREATMENTの開発にも参加された黒木さん。開発のこだわりを伺うとともに、美容業界の今後やスタイリストに求められること…など、第一人者としてのご意見もお聞きしました。

CHARLES DESSIN | シャウルデッサン
ヘアデザイナー・スタイリスト
黒木 利光 さん
スタイリスト歴22年。ホワイトブリーチやブリーチオンカラー、ストレートパーマでもダメージさせずに仕上げるのを得意とし、サロンワークの傍らコンテストや国内外での講師活動、オンラインセミナーなどに活躍の幅を広げている。
INSTAGRAM : @charlesdessin_kuroki

ヘアケアの腕を磨けば、お客様は離れない

―最初に大きめの話から。美容業界は今後、どう変わるとお考えですか?
よく言われていますが、難しい技術をウリとする「高単価サロン」と、割り切って利用する「低単価サロン」の二極化が進むのでは。どちらでもない中間層のサロンは、厳しい状況に置かれるかもしれません。

―そんななか、スタイリストには何が必要でしょうか。
改めて、ヘアケアの重要性を今一度、考えてもらえたら。カットやカラーも重要なのですが、お客様に「あのサロンいいけど、髪の毛が傷む」と思われては、次につながらない。

僕には20年近い付き合いのお客様がいます。それだけ長く続いているのは、僕が少しずつブラッシュアップして、ヘアケアもしっかりできる美容師に成長したからではないかと思うのです。

「この人に任せておけば、10年後も20年後も安心」そう思っていただけることが大切ですね。

内側・外側のケアを両立させたトリートメントシステム

―黒木さんのノウハウは、X TREATMENTの開発にも活かされています。特にこだわった点は?
サロントリートメントって、その剤の特性を理解して利用することが大切です。失敗すると、ベタベタと重たくなりすぎるんです。一方、X TREATMENTは、マニアックな知識がなくても失敗しにくい。それでいて「軽くてやわらかい、バージンヘアに近い仕上がり」になるよう、何度も試作を重ねました。

使い方がシンプルで、どのスタイリストが使用しても同じ結果が出せる。かつ、お客様が自宅に帰ってからもクオリティが持続できる。「みんなにWIN」な製品になるよう、成分段階からこだわって提案しました。

―X TREATMENTと他のトリートメントの一番の違いは?
トリートメントにもいろんな種類があります。多いのはシリコンで外部を補修するタイプ。内部補修だけするタイプもありますね。

X TREATMENTは内部補修型でありながら、凝集反応で成分の流出を防止。さらにpHコントロールやコーティングで外壁も築いていくような、両軸のアプローチをしています。内側も外側も、ひとつのブランドで補修が完結するトリートメントシステムなのです。

仕上がりが自然で美しく、お客様に満足していただけて、かつお店の単価アップにつながるところも特徴です。

扱いにくいダメージヘアにもさまざまな使い方が可能

―おすすめの使い方は?裏技なども紹介してください!
ダメージしすぎてストレートパーマがかけられない髪などによく使用します。X TREATMENTで内部に栄養を入れながら、毛髪が壊れないよう状態を維持しながら施術するんです。

X TREATMENTと還元剤を使えば、「ビビり毛」と言われる、チリチリ・バサバサになってしまった髪を落ち着かせる効果も。またブリーチ剤やカラー剤にミックスして使うことで、施術のダメージを抑えることもできます。

―黒木様はインスタグラムも活用されていますが、仕上がりをキレイに見せるコツは?
髪のツヤって光がないと出ないので、光源は真上からでなく、ちょっと角度のある位置から当てて撮影するのがポイントです。

―ありがとうございます。最後に、今後どんなアップデートを目指していますか?
いまはオンラインでセミナーも開催中。現在までに国内外500名くらいのスタイリストが加入しています。まずは僕の技術を彼らに当たり前のようにやってもらい、次にそれぞれが周りに伝えていく…という形をイメージしています。

そうやって世界中の技術レベルを均一にしていくことで「この時代に生きていてよかった」と思えるようになりたいですね。

WORKs with X TREATMENT

X TREATMENTを使用して作った傑作ツヤ髪をピックアップ。

①エイジング毛+ストレートカール
縮毛矯正をして毛先にロッドを巻いてパーマ風に仕上げる難易度の高い技術ですがエックストリートメントでの処理で髪のハリコシ、弾力が出ています。

②ブリーチダメージ
毛先には酸熱トリートメントの履歴もありかなり広がる状態ですが、ダメージを抑えられると収まりも良くなります。

③ヘアカラー施術
ビビッドな色も美しくツヤが出ます。

<キレイになりたい方にメッセージ>
美は1日にしてならず。外見を美しくするのは私たちの仕事ですが、その美しさを維持し、内面も美しくあるには、その方自身の努力が欠かせません。担当のスタイリストさんと相談しながら、じっくりキレイを磨いてください。