4ステップのシンプル処方で髪に美しいハリ、コシ、ツヤを与えるX TREATMENT。最初に使用量の目安や基本となる使い方をチェックし、トリートメント効果を最大限に引き出しましょう。

4剤のご準備
X TREATMENTは高濃度で成分設計しているため、希釈しても十分な効果実感が得られます。ダメージレベルや施術内容、髪の長さにあわせて最適な濃度・量でご使用ください。

〈使用量の目安(1回転)/各剤ごと/原液 or 希釈済の状態〉
○ショート・ミディアムヘア:約30mL~
○ロングヘア:約50mL~

〈希釈の目安〉
○ 01・02・04はダメージレベルに応じて、原液・希釈を使い分けてください。
○ 03(RAW CMC)は希釈せず、原液のままご使用ください。
※カラーやブリーチ、パーマ、縮毛矯正の処理剤として使うこともできます。

beforeの状態

基本的な使用方法 | 4step

ノンシリコンシャンプーで髪の汚れを落とします。シャンプーの際は、キューティクルが剥がれないよう「髪の汚れ、頭皮の汚れだけを落とすイメージ」でこすらず洗いましょう。

シャンプー後は、「握っても手に水気がつかない」くらいしっかりとタオルで拭き取ります。この際も髪をこすらないよう気をつけます。

水気が髪に移るのを防ぐため、シャンプー台に残った水分もタオルでしっかり拭き取っておきましょう。

●STEP1

<01:KERATIN CORE>
毛先を中心に塗布し、泡が立つまで丁寧に揉み込みます。キューティクルの向きに沿って、できるだけテンションをかけずに行います。泡が出ない場合は液量が足りていないため、泡立つまで01を継ぎ足してください。

●STEP2

<02:COLLAGEN CORE>
洗い流さず、続けて02剤を毛先中心に塗布します。もっちりとした泡立ちが感じられるようになるまでしっかり揉み込み、浸透させましょう。

●STEP3

<03:RAW CMC>
続けて03剤を髪全体に広げながら塗布します。しっかりと行き渡るよう、十分な量を塗布してください。ミディアムヘアでは画像程度の量が目安となります。

泡立ちがなくなり、乳化されるまで揉み込むのがポイントです。ここでキューティクルの流れに沿って03を入れ込むように、しっかりヘアマッサージをしましょう。

髪を複数の束に分け、根元から毛先に向かってキューティクルを閉じるようにマッサージを行い、与えた成分を中に閉じ込めます。

●STEP4

<04:PROTECT ACID>
最後に04を髪全体に馴染ませます。とろんと乳化した状態から、ややサラリとした液状に戻るまで04を追加しながら塗布してください。

毛先を押さえるようにキューティクルの流れに沿って再度マッサージし、しっかり浸透させたら、定着率を上げるために10~15分おくのがポイントです。

●シャンプー&ブロー

チェンジリンスを行ってから、ぬるま湯で洗い流します。
余分な剤を洗い流すため、最後に軽くシャンプーとコンディショナーを行います。すすぎ終わったら摩擦しないようにしっかりタオルドライし、ハンドブローしながら乾燥させてください。

ドライヤーはキューティクルに向かって平行にあて、キューティクルを寝かすイメージでドライします。くせ毛の方などはブローしながらドライをするなど、髪質に合わせたケアをしましょう。

最後はヘアアイロンで更につややかな髪に。毛束の中間あたりから、テンションをあまりかけず優しく仕上げます。

効果を引き出すポイントまとめ

●きちんと汚れを落とした髪に使用する
最初にノンシリコンシャンプーで、髪に付着している汚れやシリコン、ヘアケア剤、スタイリング剤をしっかり落としておくことが大切です。

●後半のステップでは以下を意識
03:しっかり乳化させ、04までキューティクルマッサージを行う
04:塗布したのち少し時間をおくことで剤が髪に定着するため、必ず10~15分ほどおく(最後のステップのみ)

●ダメージヘアには複数回繰り返すのがおすすめ
ダメージのレベルにもよりますが、01~04のステップを3~5回転繰り返すと必要な成分を重層的に髪に与え、より効果を実感していただけます。

●ハイダメージヘアをよみがえらせるコツ
ハイトーンカラーなどで芯から傷んだ髪にはさらに、4剤すべて原液での使用がおすすめ。01~04のステップを約5回転したあたりから、質感が大きく変わってくるのが感じられます。

●ステップを複数回行うときは
複数回ステップを繰り返す際は、01~04を1回転するごとに、シャンプーもしくは水で余分な剤を軽く洗い流してください。次の01を塗布する前に洗いなおす工程を入れることで、過吸着している剤を除去し、髪の内部に成分が浸透しやすくなります。

●効果を持続させるコツ
仕上げでは、アイロンなどで熱を加えて仕上げていただいたほうがより効果が持続します。